クラムシェルラミネーションモジュール LM5000

世界No.1の実績を誇るBioDot社のイムノクロマト法試薬、開発・生産用ラーミネーション装置です!

イムノクロマト法を原理とする試薬は、妊娠検査やインフルエンザ検査に代表される臨床検査分野のほか、現在では食品検査、環境検査、動物用検査などいろいろな分野で幅広く利用されています。
イムノクロマト法試薬の作製では、メンブレンを始めとする各部材をバッキングシートと呼ばれる台紙に貼り付けるラミネーション工程があります。この工程は煩雑なうえ、ラミネーションの誤差が性能に悪影響を与える場合があります。
LM5000は、このラミネーション工程を迅速に再現性よく行うための専用モジュールです。

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

クラムシェルラミネーションモジュール LM5000  基本情報

  • ■試薬のデザインに合わせて作製したカスタムネストを使用するため位置ずれがありません
  • ■ネストの溝に合わせて部材を並べるだけで再現性よくラミネーションできます
  • ■上下バキュームにより各部材をしっかりホールドします
  • ■ネスト部分のみ交換すればデザイン変更や他の製品のラミネーションが可能です
  • ■すべての部材を一度にラミネーションするので迅速です*
  • ■バッキングシート長が 300mmのタイプと500mmのタイプの2種類をラインナップ
  • * 試薬のデザインによっては一度にラミネーションできない場合があります