イムノクロマト分注システム XYZ / ZXシリーズ

【世界No.1の実績】イムノクロマト法試薬の開発・生産用分注機

イムノクロマト法を原理とする試薬は、妊娠検査やインフルエンザ検査に代表される臨床検査分野のほか、現在では食品検査、環境検査、動物用検査などいろいろな分野で幅広く利用されています。 イムノクロマト法試薬の開発や生産では、メンブレン上の判定部に固定化する抗体や抗原をライン状に分注することが不可欠です。またブロッキング試薬のメンブレンへの塗布や、標識粒子のコンジュゲートパッドへの塗布など、様々な分注・塗布が高い精度で要求されます。 XYZ / ZX シリーズは、これらの分注を簡単かつ正確に行うために設計されたデスクトップ型プラットフォームです。

『特徴』
◆多様な条件に対応
 →用途に合わせて分注モジュールの種類と数を選択・搭載できます。
 →ライン分注・ドット分注の選択が可能です。
 →ターゲット基盤に接触することなく分注します。(一部の分注モジュールを除く)
◆簡易な操作性
 →ハンディターミナルにより簡易に操作可能です。
◆安定した分注
 →BioDot社はソレノイドバルブとシリンジポンプを組み合わせた分注方法により安定した塗布を実現します。 (BioJet Dispenser, 特許取得済)
◆歴史と実績
 →20年以上改良を重ねて円熟したシステムをご提供します。
 →国内だけで300システム以上の販売実績があります。
 →イムノクロマト法試薬の開発・生産用分注機としては世界NO.1の実績です。

イムノクロマト分注システム XYZ / ZXシリーズ  を動画で紹介
イムノクロマト分注システム XYZ / ZXシリーズ  基本情報
  • ■用途に合わせて分注モジュールの種類と数を選択・搭載できます
  • ■ライン分注、ドット分注の両方が可能です(一部の分注モジュールを除く)
  • ■ターゲット基板に接触することなく分注します(一部の分注モジュールを除く)
  • ■ハンディーターミナルによる簡単な操作
  • ■バキュームネストでメンブレンや基板をしっかりホールド(XYZ3060、ZX1010)
  • ■複数サンプルの同時分注による高スループットで小規模生産にも対応
  • ■機能やワークエリアの大きさによって3種類をラインナップ