イムノクロマト自動分注システム RRシリーズ

【世界No.1の実績】イムノクロマト法試薬の生産用分注機

イムノクロマト法を原理とする試薬は、妊娠検査やインフルエンザ検査に代表される臨床検査分野のほか、現在では食品検査、環境検査、動物用検査などいろいろな分野で幅広く利用されています。
イムノクロマト法試薬の生産では、抗体や抗原のメンブレンへのライン状分注・検査・乾燥やブロッキング試薬のメンブレンへの塗布・乾燥、標識粒子のコンジュゲートパッドへの塗布・検査・乾燥など、様々な工程が迅速かつ高い精度で要求されます。
RRシリーズは、ロール状の部材にこれらの工程を連続で正確に行うために設計された専用プラットフォームです。

『特徴』
◆多様な条件に対応
 →モジュール式の為、部材の追加や変更に容易に対応できます。
 →用途に合わせて分注モジュールの種類と数を選択・搭載できます。
 →ライン分注・ドット分注の選択が可能です。
◆工数削減
 →複数の工程を1台で行えるため、オペレーター1人で作業可能です。
◆安定した分注
 →BioDot社はソレノイドバルブとシリンジポンプを組み合わせた分注方法により安定した塗布を実現します。(BioJet Dispenser, 特許取得済)
◆歴史と実績
 →20年以上改良を重ねて円熟したシステムをご提供します。
 →イムノクロマト法試薬の開発・生産用分注機としては世界NO.1の実績です。

関連製品
LM6000/LM8000

イムノクロマト自動分注システム RRシリーズ  基本情報
  • ■用途に合わせて分注モジュールの種類と数を選択・搭載できます
  • ■連続式ライン分注、インデックス式ドット 分注の両方が可能です(一部の分注モジュールを除く)
  • ■ハンディーターミナルによる簡単な操作
  • ■部材の蛇行、巻きずれを防ぐトラッキング機構&テンションコントロール機構を搭載
  • ■分注後の工程(検査、乾燥、試薬含浸、カッティングなど)をシステムに組み込み可能です
  • ■高スループットで大規模生産に対応
  • ■複数の工程をオペレーター1人で行えるため工数削減が可能です