FISH / Karyotyping用 自動分注システム

CellWriterはKaryotypingとFISHのためにスライドを作製する自動分注ワークステーションです。

診断薬の開発・製造分野で数多くの実績を持つBioDotの非接触式微量ディスペンサーを採用することによって、高品質なスライド標本を効率的に作製するシステムを開発しました。またCellWriterスライドと組み合わせることによって高スループット化やサンプル/プローブの少量化、およびFISHのマルチプレックス解析を可能にしました。


動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

FISH / Karyotyping用 自動分注システム  基本情報

  • 蛍光in situハイブリダイゼーションにおいて、標本作製から顕微鏡観察までの間のプロセスは、長い間熟練者による手作業のままでした。したがって、このプロセスに良質な標本作製およびプローブ分注が可能な自動分注システムを導入することで、一連のプロセスの自動化が実現します。
  • CellWriter(TM)は、KaryotypingとFISHのためにスライドを作製する自動分注ワークステーションです。診断薬の開発・製造分野で数多くの実績を持つBioDotの非接触式微量ディスペンサー(BioJet(TM))を採用することによって、高品質なスライド標本を効率的に作製するシステムを開発しました。
  • またCellWriter(TM)スライド(特許取得済*)と組み合わせることによって高スループット化やサンプル/プローブの少量化、およびFISHのマルチプレックス解析を可能にしました。 *USP 7745439B2 & USP 20100273680