INFORMATION開催のご報告と御礼【診断薬の開発戦略セミナー】

さる1月19日に
【診断薬の開発戦略セミナー ~イムノクロマトの最新技術とバイオセンサーの基礎~】
を下記の次第にて開催いたしましたことをご報告いたします。

 

   ~ 講演タイトル・所属・演題 ~

〇 青色金ナノ粒子“金ナノプレート”のご紹介とイムノクロマト法への応用
   大日本塗料(株) スペシャリティ事業部門 新事業創出室
   宮澤 雄太 様

〇 フロースルー式イムノクロマト(キャラクター対応)と弊社受託業務のご紹介
   (株)ニッポンジーン 診断試薬部 企画開発課
   山守 漠 様

〇 新製品イムノクロマトグラフィー用ニトロセルロースメンブレンおよび周辺製品のご案内
   GEヘルスケア・ジャパン(株) ライフサイエンス統括本部 インダストリー営業部
   田口 隆之介 様

〇 モバイル型イムノクロマトリーダーDxCELLによる定性および定量測定
   (株)フォーディクス 技術部
   武多 浩道

〇 バイオセンサーの基礎
   東京工科大学 医療保健学部 臨床検査学科 教授
   後藤 正男 様

〇 Blood Glucose Strips with Automatic Hct-Calibrated Feature
   Industrial Technology Research Institute of Taiwan
   Biomedical Technology and Device Research Laboratories
   Wen-Pin Hsieh 様

〇 当社酵素とバイオセンサー向けの酵素利用について
   池田糖化工業(株) 研究室
   本田 通済 様

〇 The Mass Production Possibility of Zensor Platform: Look into the Future
   Zensor R&D Corporation
   Global Business & Innovation Collaboration
   Warrick Su 様

〇 印刷電極型POCTバイオセンサーの開発
   (有)バイオデバイステクノロジー 企画部
   牛島 ひろみ 様

 

当日のセミナーには75名の方々にご出席いただき、
また、その後の懇談会におきましても多くの皆さまにご参加いただくことができました。
ご出席いただきました皆様におかれましては、ご多忙の中ご参加いただき御礼を申し上げます。

今後も皆様からのご意見を賜りながら、
引き続き今回のようなセミナーを開催したいと考えておりますので、
今後ともご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。
次回また、皆様と新しいテーマでお話させていただく機会が持てますことを
心より楽しみにいたしております。

改めまして、ご講演、ご来場いただきました皆様へ厚く御礼申し上げます。

BeautyPlus_20180119143137_128-150