イムノクロマト法試薬 塗布画像検査装置

イムノクロマト法試薬の塗布工程において、分注時の状態をCCDカメラで監視・検査、不具合個所にNGマーキングする装置です。

イムノクロマト法試薬 塗布画像検査装置  基本情報

  • ■国内メーカー製オリジナル製品です。
  • ■BioDot社製の各種分注プラットフォームに搭載可能(XYZ、ZXシリーズ、RRシリーズ)
  • ■目視検査によるチェック洩れを防ぎ、安定した品質管理を実現
  • 【特徴】
  • ■分注ラインの線幅測定、途切れ、飛散などを監視し、同時に検査・判定します
  • ■分注システムの動作を感知・追従して自動検査し、また対象部材(シート/ロール)の別を問いません
  • ■画像解析による自動検査、お客様独自の品質基準による生産管理を実現します
  • 【装置概要】
  • ■装置を起動をさせた後は、いつも通りの分注を実行するだけの簡単操作です。
  • ■不適合箇所にはマーキングをいたします。
  • ■オプションでデータロギングも可能です。
  • ■検査項目と基準は、お客様のご要求仕様に基づいた制御ソフトを設計いたします。


イムノクロマト法試薬 塗布画像検査装置  関連情報
イムノクロマト法試薬用 塗布画像検査システム

  • 1.検査対象欠陥:薬液の細り・太り・非連続・飛び散りなど
  • 2.検出カメラ:デジタルカメラ30万画素※
  • 3.最小検出欠陥:200μm以上
  • 4.カメラ台数:1台
  • 5.視野:50mm
  • 6.カメラ分解能:640×480
  • 7.検査用照明:LED照明(拡散板付き)
  • 8.搬送速度:最大50mm/sec
  • 9.取込速度:85ms/画面
  • ※高精細カメラ(200万画素)も選択可能